Dancing★Onigiri
-7chat合作 No.36-

vivid
Artist:さらみんさん
Font:「なつめもじ」(京風子さん)
Font:「ほにゃ字 Ver.Re」(鈴木るいちさん)

5keyは左から「←、↓、↑、→、Space」、7keyは左から「S、D、F、Space、J、K、L」、
11Lkeyは上段は左から「W、E、3(4)、R」、下段は左から「S、D、F、Space、J、K、L」キーで操作します。
全体的にタイミングが遅い(早い)と感じる場合、Adjustmentの数値を下げ(上げ)ることで調整できます。


「ダンおに十二楽坊」名義の合作作品です。
12人の奏者が紡ぐ12分間を、あなたとともに。

得点報告→ダンおにフレンド(仮) BBS

--ダンおにフレンド(仮)--


--DATA--
BPM : 130 / Length : 3:51
[5key] Diffi:23.23 / Arrow:1450 (1436+14) / Speed:x1
[7key] Diffi:20.18 / Arrow:1292 (1275+17) / Speed:x1
[11Lkey] Diffi:14.13 (Mov:D-) / Arrow:1000 (939+61) / Speed:x0.84 - x1
FUJI / BBS / (5key-第1番手)
作品No.---
FUJI表記難易度:(5key)★×21(25段階)

5keyのトップバッターです。
自分は「後ろの人が作りやすいように譜面をスタートさせるのがトップバッターの役目」というステレオタイプが嫌いなので、
この譜面で後ろの皆を引っ張っていくんだ、という意識を持って導入を作りました。
神屋裂龍牙 / BBS / (5key-第2番手&11Lkey-第4番手)
作品No.130
神屋裂龍牙表記難易度:(5key)★×30 / (11Lkey)★×20

折角なので参加させて貰いましたかみやんです
7chat合作でリレー系は初参加じゃないかな
5keyと11Lkeyに紛れ込ませてもらってます
5keyは2番手だったので曲に合わせて易しめに作ろうと思ってたんです…が!
1番手のFUJIさんが「限界まで難しくしてやる」とか言っていたらしく
いきなりかっ飛ばして来たもんですから初期の構想がパーになりましてね
ツール値10台を目安にって聞いてたのに… もぉ…
というわけで安定のおにぎりのプチ難所になってます
11Lkeyはパートがパートなので簡単めになりました 多分
主に氷矢かユニゾン形式の配置なので簡単でしょう きっと
一部4key部分で歯車配置が入っているので そこさえ気を付ければね
というわけで楽しんでいってくださいー
そして皆さん合作させて貰ってありがとうございました


しかしみなさんコメント長いっすねー すげぇや…
izkdic / BBS / (5key-第3番手&7key-第4番手&11Lkey-第5番手)
作品No.227
izkdic表記難易度:(5key)★×27 / (7key)★×24 / (11Lkey)★×23(30+10段階)

例にもれず選曲・合作進行担当のizkdicです。
ついに本編7chat合作も第「7」弾まで来たということで、
今回は過去最高規模、全12名でお送りする大合作となりました!

楽曲。さらみんさんのインストポップス、「vivid」をお借りしました。
梅雨のどんよりとした雨模様を吹き飛ばし、空に架かる虹を想わせる明るくハッピーな曲です。
キャッチーなメロディーラインで非常に聴きやすい一方で、
転調を繰り返しながら進むテクニカルな楽曲でもあります。
僕はサビが一番好きですね。
なおvividは「鮮やかな」とか「活き活きとした」などの意。

今回大人数でやることが最初の時点で決まっていたので、
いろんなキーで組み立てられそうな曲である側面を意識しました。
メンバーで話しあった結果5key、7key、11Lkeyの3譜面を制作することに。
5と7はともかく、11Lkeyが選択肢に挙がるのが7chat合作らしいですね(何
僕は強欲にも全譜面に参加させていただいてます。

【5key / Various】
通称キラーパスの譜面(ぇ
僕は3番手を担当しています。1番サビからピアノソロ前半まで。
不規則なリズムを見せる1番メロとは対照的に、サビでは非常に安定したリズムになるので、
変に捻らず主旋律+おにぎり裏打ちの構成に徹底しました。
この辺は活き活きとしたプレイ感が出せてればいいなーとか。
ピアノソロ前半ではあえてピアノを追わずパーカッション配置に。結構ひっかける気満々です(何
譜面全体を見るとかなり異質なタイプな譜面になっているような気がします。
BPMは中速ですが32分が一部に含まれるほか、変則おにぎりや同時押しを含む16分など難易度が高いので注意。
なお譜面内で最高1.5倍速がかかりますがこれは極めて一時的なので、普段通りの速度で大丈夫です。
[ 設定レート ] 初項:1390点、公差:36点、フリーズ:1450点

【7key / Individual】
4番手担当です。ピアノソロ後半から間奏前半まで。
ピアノソロ前半担当のゆうさんが音数含めかなり正確にピアノ追いの配置をされていたので、
僕はピアノを排して、パーカッションとストリングスを混ぜて組み立てました。
この部分はパーカッションの刻みが変則的なので、結構厄介な配置になってると思います。
その後は捻らずに。
譜面傾向は後半難なのですが、前半は単押しが多くリズムが複雑で、
後半はリズムは分かりやすくなるけど同時押しが多くなるというように、
前半と後半で雰囲気が大きく違うのが1つの特徴ではないかなと。
[ 設定レート ] 初項:1480点、公差:30点、フリーズ:1292点

【11Lkey / Different】
5番手担当です。間奏後半。
動きの少ない部分なので上下にはあまり大きく振らず、主旋律を追いました。
しかしここでは音の長さなどが特殊な部分があり、予想以上に採譜が難しかったです(^o^)
なお、最後の最後でここまで息をひそめていた二次元配置が3連続でやってきます。
二次元配置の中では処理しやすい同時ですが難しいことに変わりないので要注意。
そして最後のノートは2倍速でぶっ飛んできます。どうしてもやりたかったんだ……(蹴
ここを起点に難易度が大きく上がります。
終盤は移動間隔、移動頻度ともにかなり厳しくなるのでご注意ください。。。
最高倍速が2倍速になっていますが先述のノートのみなので、普段通りの速度で大丈夫です。
[ 設定レート ] 初項:1500点、公差:41点、フリーズ:1000点

最後になりましたがチームの皆さんへ、合作お疲れ様でした。
総勢12名、うち新メンツ4名という自分でも信じられない規模で合作ができて、とてもうれしかったです!
最初はどうなることかと内心不安でしたが、何とかなってしまうのが強みなのかもですね。
それではまた次の機会ではよろしくお願いします、合作のお相手ありがとうございましたm(_ _)m

12人の奏者が送る、色鮮やかな12分間をあなたに。
蒼宮あいす / BBS / (5key-第4番手&7key-第5番手&11Lkey-第1番手)
作品No.522
蒼宮あいす表記難易度:(5key)★×41 / (7key)★×37 / (11Lkey)★×35(60段階)

swf担当の蒼宮あいすです。今回はswfも一新してお送りします。
記念すべき本編7chat合作第7弾ということで今回は12名となっています。

5key4番手、7keyは5番手、11Lkeyは1番手です。
5keyは唯一休憩ゾーンです(広域的にはizkdicさんのパートの後半も含まれる)
前回に続きまたしても休憩エリアの役目で、ここを抜けたら本番に入るであろうところです。
難易度は40を少し超えた程度ですが難配置多めなので油断大敵です。

7keyは5番手、7keyのリレーでは毎回密度を高めていたこともありましたが、
今回は密度の少ない箇所なのでこれまでとは一転して密度が低めです。…と思ったか。
後半は容赦なく16分乱打が現れます、まだ縦連が無い分楽かもしれませんが。((ry
難易度表ではおそらく☆8程でしょうか。

7chat本編では初となる11Lkeyがここで登場。
11Lkeyは1番手、他keyと違い密度は低め、こちらはガチで低め。
移動も少なく16分3連と8分7連があるぐらいなので

_人人人人人人人人人_
> ここだけMovがA級 < 
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

最後に皆さん合作ありがとうございました。
次回もまたよろしくお願いしますm(_ _)m
mi / BBS / (5key-第5番手&7key-第7番手)
作品No.62
mi表記難易度:(5key)★×28 / (7key)★×21

何か↑と↓の方から冷気を感じる気がする……

皆様こんにちは。mi(かちんこちん)です。

今回は繋ぎに徹しました。
前のパートの流れを継承しつつ、
少しずつ変化をつけ、次のパートへ回す。
野球で言えば二番バッターですかね。
井端。みたいな。
皆様こんにちは。mi(ねばねば)です。
あ、納豆は投げないで下さい。

7keyではトリをつとめさせて頂きました。
流れに乗るのは5keyと変わらないのですが、
もう後ろの人が居ない上、
曲的にも一番の盛り上がりということで、
若干決めに行った部分があります。

\鳥谷がスタートしているーーー!!!/

あ、すいません、これは井端が決めるちょっと前ですね。

久々の合作、楽しく作ることが出来ました。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。
ツララ / BBS / (5key-第6番手)
作品No.76
ツララ表記難易度:(5key)★×23.23

お久しぶりです。ツララです。
7chat合作なるものに参加させていただきました。初めてなので心臓が止まります。止めます。
ついでにこのコメントのデータが一度吹っ飛びました。やるせない。
余談ですが難易度表的には5keyは☆9-10で、とりあえず☆10に入れると平和かなーとか思ったりしてます。多分。
そんな5keyの6番手です。全体の流れを意識して密度が高めになっています。
密度を高めにしようとは思い当たったのですが、更にもう一人後ろに続いていることはそこまで考えずに組みました。
一応おにぎり使わなかったり(合作中で一二を争う)素直めな譜面になったりはしているのですが、キラーパスには違いないです。
というわけでキラーパスに応えてくださった音ノコギリさんのコメントです!どうぞ!
音ノコギリ / BBS / (5key-第7番手&11Lkey第3番手)
作品No.124
音ノコギリ表記難易度:(5key)★×30 / (11Lkey)★×28

どうも
キラーパスにわりと殺されかけた音ノコギリです。
5keyと11Lkeyを担当してます。

11Lkeyの方は1番サビということもあり、メロディを意識したそれらしい配置に。
軽く流せるような楽しい配置を目指しました。
一ヶ所捻りのような移動を用いるところがあるのでそこがコンボカッターな気がします。
まぁ後半にもっと難しいのが来るのでちょうど伏線っぽい感じになったのではないでしょうか?

そして5keyの方は先述したキラーパスのやつです。
最後を担当ってのは予め決めていたわけですが、
結構な高密度、手前のサビで既にラストっぽい配置が来ているというのは予想していませんでした。
どうせぇっちゅうねん。ってわけですよはい。
ということでこういう形になりました。
自分らしさを残しつつもここが最後だという印象を持たせるということに徹底しています。
ただこういう風に配置できたのは私が思っていた内容と違っていたからなので、何というか皆様のキラーパスありがとうございます(ドM

ということで大人数合作お疲れ様でした。
刺激的な合作でとても楽しかったです。
また機会がありましたらよろしくお願いします!
桃月風梨亜 / BBS / (7key-第1番手)
作品No.116
桃月風梨亜表記難易度:(7key)★×21

どうも、第4弾の星舞以来でしょうか。
7chat合作での登場は久々となりました、桃月風梨亜です。
これまで2回ほど何故いなかったのは私が知る程ではない!!!
答:曲と難易度が不適正と、この2回はどうやら1譜面だけなのでトップバッター争奪戦に負けた説も

それはそれで、久々の復活でまたも7key い つ も の トップバッター担当です。
「マスター、いつもの!」という感じで希望パートをぶん取っています。
また桃月が7key1番手を取ってやったぜフフッヒ\(^o^)/

譜面の方は結構がっつりさせた配置にして、いきなりかっ飛ばす展開にしましたけど。
まさかまさか5key側の方が強く出ているではないですかー、…とFUJIさん恐るべしですよ><
ちなみにマターリ以下を出さなければ1フレーズ毎にコンボ数が10の倍数で丁度区切るようになっています。

PC壊れかけで書いていますのでコメントはこの辺で。
また次回もよろしくお願いします。
ティックル / BBS / (7key-第2番手&11Lkey-第6番手)
作品No.244
ティックル表記難易度:(7key)★×15 / (11Lkey)★×13(25+5段階)

7keyと11Lkeyを担当しましたティックルです。
1曲に対してこれだけの規模で行うリレーも珍しいですね。

7keyは序盤のBパート。
Aパートの桃月さんがそれなりの密度で突っ込んできたので、
その形に乗せて配置する形になりました。
階段多め。跳ねる要素を少しだけ意識しました。

11Lkeyは終盤のFパート。
難易度上昇のきっかけを作った元凶の一人です(謎
お膳立て(?)もありましたし、これは上げるべきだろうということで(ry
11Lkeyの大人数のリレーは初めてだったので、個人的に楽しみにしていましたね。

基本は7keyをベースにしながら、強調音を5key(WE3R)側にするような配置にしました。
つなぎのところでの左手の隣接移動が多く、おそらく難所の一つだと思います。
ただどうなっているかがわかれば打ちやすい、そんなパートです。

メンバーの皆さん、リレーのお相手ありがとうございました!
始動から1週間で完成するあたりの結束力(?)は毎度ながら凄いなと。
また次の機会ではよろしくお願いしますね。
ゆう / BBS / (7key-第3番手)
作品No.10(7key)
ゆう表記難易度:(7key)★×8(15+α段階)

7keyの1サビ〜間奏前半を担当しました。
序盤ということで素直な配置にしています。
連打が多少厄介ですがBPMが遅いので気合で(?)

7chat合作初参加でした。参加者の皆様ありがとうございました。
ショウタ / BBS / (7key-第6番手&11Lkey-第2番手)
作品No.176
ショウタ表記難易度:(7key)★×20 / (11Lkey)★×14

多分こんばんは。ショウタです。
多分お馴染み7chat合作。今回は一段と賑やかですね。
多分過去最多の参加人数12人。初参加も何名か居て目新しさも感じますね。


さて。僕は7keyと11Lkeyの2譜面に携わっています。

7keyでは終盤にあたるFパートを担当しました。
2:39〜2:53は楽曲全体で見て特殊な・独立したフレーズということで、兼ねてからの想定通りに主旋律を演奏していく配置にしました。
それとは逆に、手渡されたEパートまでの譜面を受けて取り入れてみたのはSを軸とした4分打ちバスドラム追い。
密度の高い5keyや移動の激しい11Lkeyに比べると優しめな7keyではあるとは言え、
流石に終盤まで来ると難しい配置も増えてきますし、同時に増やしたくもなりますよね(謎
2:54〜3:10はハイハット意識の16分3連リズムの繰り返し。アンカーのmiさんの為に主旋律を残しておくぞ作戦です(何
(ちなみにこのコメントを書いている段階ではまだmiさんがどういう配置をするかは分かっておりません。)
また、Fパートの締め(3:09)には逆走も入っています。氷矢が短く見えるからといってすぐにキーを離してはいけませんよ?

11Lkeyでは序盤にあたるBパートを担当しました。
作り慣れている7keyでは見せ場(の1つ)を取ってみたいと思い終盤パートを選んだのとは対照的に、
11Lkeyは決して作り慣れているとは言えなかったので、無難に密度が濃くならない場所を選んでみました。
0:34〜0:47は素直に主旋律&一番聴きやすい裏音を拾い、0:48〜1:04は少し捻ってベースを追ってみました。
後者に関しては他譜面でこの音を拾う人は居ないだろうという読みのもとでしたが、まあまあ上手く行きましたかね(何
あと両者について言えますが、最初に直感で配置した譜面が7keyカラー全開すぎたせいで
完成した配置もWE3R要素が薄めになってしまった感はありますね(爆
まあそこは序盤ですし良しとしましょう、僕より後ろの人たちの譜面は良い感じに移動難になっているようですし(ry


参加者の皆さん、今回は(今回も)ありがとうございました!
というかパパッとビビッとコメント書くつもりがこんなに長くなったじゃないですかーやだー。
いや別に嫌ではないですが、7chat合作に参加し立ての頃の1行ぽっきりコメントが懐かしくてですね(←
ぷろろーぐ / BBS / (11Lkey-第7番手)
作品No.125
ぷろろーぐ表記難易度:(11Lkey)★×15

ぷろろーぐです。十二楽坊とかなつかしい。あの人たち今何やってるんでしょうね。楽器弾いてるか。
11Lなら参加しますみたいな事言ってたら11Lkeyのリレー合作が出来ましたやった。
ちなみに発足したのは大学受験前の割と大事な時期だったので、(制作開始は後でしたが)
7chatに来ているのも合作に参加しているのも地味に怪奇現象です。
そんな11Lkeyのトリを担当しましたが、
前のパートが難しくしろと囁いていたので難しくなりすぎないように作りました。
そのため普通に難しい譜面になりました(死)
ちなみに難しくしようと意識して作ると・・・あっ(察し)
ティックルさんパートと合わせて上下の見切りの練習になりそうです。
頑張って抜けると申し訳程度のウィニングランが存在します(
あと、譜面が全て通った時MAX COMBOが1001で、このまま焦らすのも良いかなーと思いましたが、
調整段階でいつの間にか1ノーツ消えていたので結局揃っています(謎)
ともあれ、今回もありがとうございました!