Vorhandensein

ここは主にizkdicの制作したリズムゲーム、
「Dancing☆Onigiri」を公開しているサイトです(現在工事中)。

更新履歴

2019/06/16(日)  [→Log]

ほぼこちらではアクションが取れていなかったのですが、
ここ1カ月ほどは積極的にだんおに作品をHTML5へ移植してまいりました。
気づいた点などは積極的にソース側にフィードバックしたつもりです。
現時点では(僕のサイトで公開されている作品の中で)だいたい60作品くらい移植済。
作品数的には進捗は3分の1くらい。実際は厄介な作品は後回しにしているので体感はその半分。
全作品の移植は難しいですが、可能な限り進めていきたいところです。

ティックルさんが運営されている作品一覧の方には移植完了次第移植状況を反映しているので、
最新の移植情報を確認したい場合は以下のリンクをご活用ください。
https://cw7.sakura.ne.jp/lst/ds0016/
僕のサイト側では基本的にまとめて反映という形になってしまうと思います、ごめんなさい。

なお、移植に際して歌もの作品に歌詞表示を追加したり、譜面の細部を修正していたりします。
せっかく過去の作品と本気で向き合う機会ですから、
より魅力的な作品になってほしいという願いを込めつつ。

特にパワーアップしたと思っている作品は以下の2つです。
No.187「虹色メロディーライン」
No.107「あたし電波りようこちゃん」
いずれも結構昔(後者にいたっては9年前)の作品なので、思い出したように遊んでいただけると嬉しいなとか。

ちなみに、移植に際して全体的にゲージ設定を見直しています。
今までのゲージは正直鬼畜すぎたきらいがあったため、大半は緩和されています。
ゲージ設定はapoi式ゲージ設定法、すなわちダメージ値と必要達成率から回復量を逆算する方式で決定しています。
必要達成率は普通の難易度の譜面なら88%前後、難しくて難易度表に載っているような譜面なら94%前後に設定しています。
(多鍵の場合は引き下げていることが多いです。)
94%は氏の表記では「激重」ですが、元のゲージが必要達成率96.4%のゲージだったので……\(^o^)/
他、氏のレート設定は多鍵特化という点もあります。
軽ゲージを採用すると普通のキーならガチャ押しで何とでもできてしまうので、その辺を考慮して決めているつもりです。

◆ ◆ ◆

さてそんな中、今日は父の日ということで、
それに肖って新譜を追加いたしました。


No.26「パパ、ダイスキ」
かんたんで たのしい がっさくへの参加作品。もう10年以上前です。
追加したのは11keyのEasy。旧Beginnerは大幅に変更してNormalとして生まれ変わりました。
楽曲が非常にゆったりなので、Normalといってもほぼ初級者向けですが。

ページ内で”自分の中にある「初心者のための譜面」そのものを表現しているように感じる”だの、
”フリーズが混ざろうが8分が入ろうが信じれば打てるはず、気持ちの問題だ!”などとほざいていますが、
それ以前にもっとコメントで書くべきことがあるだろう!
と突っ込まずにはいられないのでした。終盤がNormal化していることよりもそちらの方が問題です。

そのせいで、
この曲には実は歌詞があること
・この曲が作られた背景
・この曲の題材となったアニメ作品
・「パパ」とはなんなのか
といったことを一切伝えられていないのですから。

というわけでこちら側では簡単な曲紹介と、歌詞表示を追加しております。
それらを踏まえて俯瞰すると、だんおににするような曲ではないんですよね……。
まあそれは若気の至りというか、しょうがないということで(殴

付け加えると、この曲に対して普通に譜面を当てると確かに易しめにはなりますが、
本気で初心者向けの譜面を考えるにあたっては厳しい要素が多かったです。
特にイントロ。オルゴールと弦から始まって低音の弦が加わりイントロの後半に移りますが、
この最初の部分の逃げ道がないのです……(2分3連→4分3連が強い)。
というわけでEasy譜面では最序盤が妙に難しいということになってしまっていますが、
無理矢理ゲージで解決しようとしています\(^o^)/

そんなこんなでEasy譜面の制作には結構苦戦しました。
全体ではイントロよりも中盤から出てくる付点4分のリズム把握がたいへんだと思うので、
ページ内で「思ったより簡単にできなかった」と述べたのはそのあたりが理由です。

Normal譜面は中途半端に終盤をNormalにするくらいならということで、
最初からNormalの作り方をするという意識で全体的に組み直した譜面です。
原作は初期の作品ですが、その割には基本的な部分はしっかり押さえられていたので、
「どの音を追いかけるか」に関しては1箇所除いて原作のままにしています。
全体的には簡略を無くしているのと、最近のソースに合わせてフリーズを長めにとったのが主な修正点ですね。

ちなみにこの譜面はギリギリAPMが100を超えているので簡単合作には出せませんが、
言い換えればこれの少し手前くらいだったら提出OKなんですよね、簡単合作。
正直平均密度なんていくらでも偽装できるので、その辺は制作者のモラル次第だなあとか感じてしまいました。
1、2と2回連続で初心者向け(大爆笑)な譜面を出しておいて何言ってるんだか。


ではでは、長くなりましたが今回はこの辺で。

2019/05/01(水)  [→Log]

A happy new ERA?


というわけで改元の当日にこんばんは。
移植の方はほとんど進んでおりませんが、ここから目標立てて進めていく予定です……orz
HTML5版のソースはつい先日ローカル保存機能が実装されたばかり。
アニメーションを用いた演出とフォント関係が若干不自由なことを除けば、
もうこの時点でFlash版のソースより高性能なんじゃないか感すらあります。
なので、特に難易度表掲載作品を中心に並行してHTML5への移行も進めていこうと考えています。
Flashより遥かに軽いしやばいですねこれは。

今回は新作(合作)の発表なのですが、おそらくHTML5初出の合作という意味では初作品です!
実は譜面自体は2月にできていたのですが……(汗


No.279「コーヒーフロート」
同一作品制作、あるいは3人コラボ内のコラボパート等が結構あるのでそんな気は全然しないのですが、
マンツーマンでは実に「グッバイ・ラストブルー」(七鍵祭'12)以来の約7年ぶり。
昨年10月に合作始動、2月に譜面完成しているのに公開がここまで遅くなったのは、偏に僕の怠惰が原因ですね……。
もう少し生産的に自由時間を過ごしたい今日この頃です。

経緯云々はコメントで長々と書きましたが、
譜面が完成する寸前になって確認したらボカロ曲が全曲公開停止になっていたのには冷や汗をかきました\(^o^)/
今回はpiemixさんのご厚意で、特別に(リマスター前の音源と言うことで)使用させていただいております。
無茶なお願いを聞いてくださって本当にありがとうございました。

パート分けがかなり特殊なので、いろいろ面白いことができたなあという印象です。
特に1サビ後半。ショウタさんの前半を真似ながら独自成分を仕込んでいくのは大変楽しかったです。
よく見ると分からない「逆」の対比をした部分とかもあったり。
歌詞表現含め、サビの特徴を全面に出していけたのがよかったなと思います。

ちなみに合作名義は七鍵祭'12の時から変わっておりません。
ショウタさんのイメージカラーがピンク、僕のイメージカラーがグリーンなので、
それを某初代カービィのステージ名っぽく並べ(PINK GREENS)、それをアナグラムにしたのが名義です。
訳すと「鋭いバネ」だったり「令い春」だったりしますが、名義自体にそこまで深い意味はありませんね。

難易度名は僕が決めました。コーヒーの上にアイスクリームが2つ浮かんでいる光景を想像してもいいのですが、
(駆け出しとはいえ)プログラマーとしてはfloatという言葉は単精度浮動小数点数のイメージが強いのです。
というわけでfloatに対して倍精度浮動小数点数の「double」を宛がったというオチでした。
まあ最近よく使っているPythonでは単精度だろうが倍精度だろうがfloat型ですが(そもそも単精度という概念が多分ない)。

歌詞表示内のフォントに関しては、僕の中ではこれ以外の選択肢はないというくらいイメージにぴったりなものを選びました。
(というよりは、前々からこの曲で作るならこのフォントにすると決めていたものでもあります)
埋め込み型だったFlash版とは違い、フォント本体をアップロードして使う必要のあるHTML5版ではやや規約のクリアが厳しくなるのですが、
今回は「Webフォントとして利用可能」という内容に準拠しております。
ちなみにフォント作者のあおいりいさんはフォントの他にもオリジナルの漫画やイラスト、小説に楽曲と幅広く手がけていらっしゃったり。


新しい時代「令和」になりましたが、変わらず自分のペースでやっていきたいと思っています。
どうしてもモチベーションに波があるのが申し訳ないところですが、
今後とも温かい?目で見守っていただければ幸いです。

2019/03/21(木)

お久しぶりです。
3月末のジオシティーズのサービス終了を受け、サイトを移転しました。
移転先は安定感でお馴染み「さくらのレンタルサーバ」。RAID10ですってよ!
実質月額129円(2019年3月現在)※で10GB、PHPも使えるようですし(モジュールモードはNGですが)、
だんおにサイトとして公開を続ける限りなら全く不自由はしないと思います。
※実質というのはライトプランは年払いしかできないためです。年額1543円を月換算して約129円。
 スタンダードプラン以降は月払い・年払いが選択でき、年払いだと約2カ月分お得になります。

で、移転するだけならよかったのですが、
正直今から考えるとディレクトリ構成とかがかなり酷かったりしたので、
これらに関しても根本的に見直しを掛けることにしました。絶対パス指定使いすぎ。
また、3作品しかなく今後更新の予定もないCIRRING Side、
および既に機能しているとは言いがたいIntroduction Sideを廃止することに決めました。
一方で、作りすぎてもはや更新が追いついていないナンプレをPuzzle Sideとして独立させることに。

……となると、全てのページのヘッダを書き換えないといけないんですよね……(白目
今の段階ではほぼ基盤部分の構成の模索くらいしかできておりません。
だんおに作品に関しては早い内に「合作」「難易度表掲載作品」を優先して復旧させたいと思ってはいるのですが、
しばらくの間遊べないという状況が続くと思います。
誠に申し訳ない(僕の作品を遊びたいという方が今どれだけいらっしゃるのか不明ですが)。
もし、この作品を遊びたいという方がいらっしゃいましたらWeb拍手あたりからお申し付けくださいませ。優先して復旧いたします。

というわけで、しばらくあちらこちらにデッドリンクなどが見受けられると思いますがご容赦ください……。
また、Puzzle Sideは現状工事中です。3月21日時点で344+62問に膨らんだナンプレ群をどうまとめるか検討中。
今みたいに羅列直置きではなくだんおにの作品リストみたいにまとめたいとは考えているのですが。
でもそうするとコメントの行き場がなくなるんですよね。うぐぐぐ。
しばらくOthersエリアを占領することになると思います……。

なお、データ自体は(多分)全てローカル内に持ってきました。
不要ファイルも多々あるのでその辺も整理する予定ですが、復旧自体は時間さえあれば行えると思います。
(そのうち2020年のFlash終了が待ち受けているんですけどね。世知辛い世の中です。)

ちなみにさくらのレンタルサーバでは「なんちゃら.sakura.ne.jp」になっているドメインに限って共有SSLを使ってセキュア通信ができるんですが、
それをするとアクセスカウンターやらアクセス解析やらが弾かれてしまうんですよね。。。
いまさらアクセス数なんて……という感はあるので取っ払うのもありなんですが。
まあ、その辺もいろいろ検討材料ということで。

では、今後ともよろしくお願いいたします。

ホームページ テンプレート フリー

Design by